裸足ランニング・ベアフットランニングの実践記録

裸足ランニング

マフェトン理論ランニングで成果を積めるのか?

投稿日:

最大エアロビック心拍数ゾーン・ランニング45分。

晴れ、13.4度、97%、南南西0.8m/s。

Strydのランニング・ストレス・バランスは、マイナス21。回復傾向。

3月下旬からランニング再開。

マフェトン理論180公式のランニングのみ。

ウォームアップ12分、最大エアロビック心拍数ゾーン60分、クールダウン12分。今週から日によって30~60分のメリハリをつけて最大エアロビック心拍数ゾーンでのランニング開始した。

で、マフェトン理論ランニングで成果は積めるのか?

Training Peaks週毎のスナップショットで傾向を見た。

フィットネス…3月下旬の開始当初のフィットネス3から、今週今日まで29に上昇。

疲労…最高値が4月19日~25日で50から、今週今日まで45へ下降。

フォーム…4月19日~25日で最下降値マイナス26から、今週今日までマイナス17に上昇。

実感という点から言うと、同じ最大エアロビック心拍数ゾーンでランニングしても、最近の方が早いペースが出やすくなっている。

マフェトン理論ランニングでも何らかの成果は出てくる。

ちなみに、マフェトン理論ランニングがゾーン1や2相当というのはちょっと違うと思う。

ゾーン3というのが今日までの実感。

-裸足ランニング実践記録

Copyright© 裸足ランニング , 2023 All Rights Reserved.